楽しいアウトドア スキー場

メニュー

交通事故慰謝料と診断書

その時によって交通事故の怪我をする場所や、怪我をしている箇所の数、またそれぞれの怪我の症状や完治までにかかる時間というのはそれぞれ異なります。

そこで、怪我の状態が安定すれば、そのままにしておかないで、医師と相談して診断書を作成してもらいます。

そして、その診断書などを元に相手の人と慰謝料相談を行ったり、または直接交渉するのは困るという人であれば、法律家を通して慰謝料相談を行う事になります。

入院や通院などが必要な期間などを考慮して最終的に結論が出される事もあります。

交通事故の問題では相手の言うままに受け入れるのではなく、時には妥協しないで、自分の意見を伝える事も忘れない様にしたいですね。




お薦めサイト
·